虫除け掃除はハッカ油で

ああ、ついにキッチンで、ゴキちゃんと遭遇してしまいました。

しばらくご無沙汰していたので、このまま二度と会いたくなかったのですが、築年数が高い我が家では無理なのですね。

また新しいホウ酸団子に取り替えしなくては…。

叩いてつぶすと処理がイヤなので、凍止ジェットというマイナス75℃で冷却するスプレーで動きを止め、二度と息を吹き返さないように土に埋めました。

叩いたり殺虫剤をまくよりも後処理がらくなので、最近は凍止ジェットを使っていますが、それでもゴキちゃんが這った後の床まわりは除菌したい…。

そこで、掃除にも使える消毒用エタノールを吹きかけた雑巾で、床や周辺の家具まで拭きまくりました。

消毒用エタノールで拭き上げると、油や手垢汚れなどもおもしろいほどきれいに落ち、同時に除菌もできるので、最近はよく使っています。

「私の知らない間にここも通ったかも」などと思うと、居ても立ってもいられなくなり、1時間かけてキッチン中を拭きまくりました。

仕上げに、ハッカ油を入れて作った虫除けスプレーをあちこちに噴霧して、きれいに拭き上げました。

キッチン中がミントの爽やかな香りで包まれました。

ゴキちゃんもですが、虫はハッカの臭いが苦手らしいと聞きつけ、ハッカ油とエタノールと水で虫除けを自作するようになりました。

たくさん作って、気がついた時に体や網戸にプシュプシュ吹きかけています。

虫たちは嫌いでも、人間の私にとっては爽快な香り、虫除けの必要がない時でも、清涼スプレーとしてプシュプシュしてリフレッシュしてます。

そして、絶対に寄りついて欲しくないシンク下などには、ハッカ油の原液をしみこませた布を置きました。

スプレーでも十分爽やかですが、原液は嗅ぐだけでヒンヤリ感を体感できるほど強烈です。

どうかここには寄りつかないでください、別々の場所でそれぞれ生きていきましょう…

そんなことをブツブツつぶやきながら、そっとシンクの扉を閉めました。